編集記

NHKワールドニュースで哥麿会の復興支援活動が全世界に紹介されました!

[su_button url=”http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/japanindepth/20150911.html” background=”#63ff29″ color=”#000000″ size=”10″ wide=”yes” center=”yes”]綺麗な哥麿会イベントのナイトシーンは必見!ビデオはこちら[/su_button]

日本放送協会、通称NHKが、全世界に向け放送している、

NHKワールドニュースで哥麿会さんが田島会長のインタビューや、イベントでの美しいナイトシーンとともに採り上げられています!

この特集は、宮城県の石巻港で開催された哥麿会の夏の全国大会で撮影されたもので、

田島会長がずっと行ってきた東日本大震災の支援活動の様子や、実際に支援してもらった方たちのインタビューなどが、

会場の華やかなトラック、ゴージャスなナイトシーンとともに6分弱にまとめられています。

 

田島会長をはじめとした哥麿会さん、そして支援活動に参加してきたみなさんには、本当に頭が下がります。

 

そして、それらを採り上げるNHKワールドニュースもさすがです!

 

インターネットから、いつでも見ることができます。

ところが、解説もインタビューの吹き替えも英語になっているんですね。

でも、映像を見ているだけでも、いいトラック、すごいナイトシーンが見れますので

デコトラファンであれば、英語がわからなくても、十分楽しめる映像になっています。

綺麗な哥麿会イベントのナイトシーンは必見!ビデオはこちら→ http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/japanindepth/20150911.html

 

解説やインタビューはページの下に、全て、英語で出ていますので、

英語の勉強にもなりますよ。。

Driven to Deliver Japan in Depth News NHKd WORLD English

一応、映像の中で話されている英語の日本語訳を、プログラムによる自動翻訳のものですが、ここにのせておきますので、参考にしてみてください。

配信するためドリブン
6月Yotsumoto
クロムと芸術表現をキラリと光る光の点滅、 – 「デコトラ」、または装飾されたトラックのカルト車両は、日本の高速道路を飾ります。
ドライバはしばしば異端道路戦士と見ています。しかし、彼らは定期的に被災された人々を支援するために団結します。
500以上重く飾られたデコトラトラックは、東北日本で石巻市のオープンスペースに轟音。市は2011年3月の津波で大きな被害を受けました。
デコトラのサブカルチャーは、数十年にさかのぼります。トラック運転手は長く、孤独な旅のために自分のリグをカスタマイズします。ネオンライトは、従来の浮世絵のような写真で混ぜます。
あなたはそれを考慮するかどうか派手な – あるいは動いている技術として、それは安いものではありません。ドライバーはその輪にブリンブリン追加平均で約10万ドルを費やしています。
彼らの最愛の家族のいくつかの塗料の肖像画。ドライバー和也関野は、中央に女の子が私の長女である」、と言います。私のトラック、私の娘は、彼らが私には貴重両方です。それは私がいつも彼女と一緒に運転してるように私は感じさせる、それは努力する私を奨励しています。 ”
一部のドライバは、貧しい人々を助けるために彼らの方法の外に出ます。災​​害発生時には、彼らが原因のために団結します。
純一田島はグループを率いています。彼は半世紀のための車輪にあって、トラック輸送を続けています。彼は、お盆のために石巻で死者の魂を称える伝統的な祭りを収集するために彼の仲間のトラック運転手に呼びかけました。
「被災地に来ては、私は助けるために何かをするようにやる気を感じさせる “と彼は言います。
Utamarokaiと呼ばれる但馬のチームは、三十年のための被災者を支援してきました。四年半前に、彼らは物資をお届けし、地震と津波の被災者のために温かい食事を調理しました。毎月ので、彼らは生存者を奨励するために、一時的な集合住宅を訪問しました。
「私はいつも私が開始するものを終了します。それが私のモットーです」田島氏は述べています。 「そして、私は決して忘れない。多くの人々のための災害の記憶が徐々に退色されています。しかし、私は、再構築プロセスはまだ始まったばかりと信じています。」
勝之渥美Utamarokaiのサポートの恩恵を受けています。
「これは津波のラインである、それがここまで来た、「彼は最高水位標を指摘し、言います。 「それは私がどのように恐ろしい津波が学んだ初めてでした。」
彼のレストランは破損していたが、彼はトラックのライトを見に奨励感じています。今日、彼は地域を再構築するために全国の支援のためにアピールするために田島のチームで動作します。
彼は変化のスピードに満足していません。 「4アンド半年後、私は何も私の故郷に変更されているとは思わない」と彼は言います。 「私は人々が災害がまだ終わっていないかを知りたいです。」
お盆祭りは、今年は命を失った人々、まだ一時的な避難所に住む人々のために祈るために1万人以上をもたらしました。
2人の女性は、但馬を探して来ました。彼らは過去の人々のために食べ物を整理するために彼に感謝したいです。
「それはスープキッチン超えていた、「千秋菅野は彼に言いました。 “あなたは、このような心のこもったおもてなしで私たちを治療しました。」彼女は、「私たちはいつもあなたの話をし、あなたが戻ってくるときに疑問に思う。」と語りました。
田島は内気です。 「私たちトラック運転手は、多くの場合、市松模様の過去を持っている、 “と彼は言います。 「あなたのような人々は、我々はそれらを幸せにすると言うときに、それは、私たちは私たちの足に滞在するのに役立ちます。 ”
イベントの最後には、トラックが点灯します。前方の道路のように – 彼らは追い払うよう彼らが作るパターンは、シンボリックパスのようなものです。
「私はおそらくすることができ、これらの部分に多くの人に光を当てるしたいのですが、「田島氏は述べています。 「一時的な避難所でまだ特に。」
彼は、単一の仮設住宅が残るまで船団をリードする誓約します。

 

Driven to Deliver Japan in Depth News NHK WORLD English

 

Related Articles

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to top button