仕事車礼賛

【仕事車礼讃】立ち沢瀉の家紋が素敵な三重のあかね丸、青いふそうファイター

このトラックに描かれた家紋は丸に立ち沢瀉

丸に立ち沢瀉
丸に立ち沢瀉

家紋の意味は、次の通り。

沢瀉おもだか

日本十大紋の一つ。オモダカは池や沢、田んぼなどに自生するクワイに似た水草で、可憐な花を咲かせます。古くは王朝時代に貴族の車や武具の文様として用いられ、やがて家紋に転じたものと云われています。沢瀉は面高「面目が立つ」に通じるとか、葉の形が矢じりに似ている、別名「勝ち草」とも呼ばれるなどのことから、武人の家紋として普及しました。毛利元就が戦に臨む時に沢瀉に蜻蛉が止まったことを吉事として用いたという故事があります。

ピカピカでかっこいいトラックでした!w

【仕事車礼讃】立ち沢瀉の家紋が素敵な三重のあかね丸ふそうファインター 1

【仕事車礼讃】立ち沢瀉の家紋が素敵な三重のあかね丸ふそうファインター 2

【仕事車礼讃】立ち沢瀉の家紋が素敵な三重のあかね丸ふそうファインター 3

【仕事車礼讃】立ち沢瀉の家紋が素敵な三重のあかね丸ふそうファインター 4

Tags

Related Articles

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to top button