雑誌

トラック魂(トラック スピリッツ)Vol.34特集:淡路島の最新アート事情を総力取材!カネショウ大特集

1281695948_p

内容目次

●愛機の燃費を低減せよ! トラックエコ得大作戦

●アートを極める 五代目勝龍丸

●淡路島の最新アート事情を総力取材!カネショウ大特集

■密着! トラッカー24時
■デコトラの原点
■イカす軽トラ野郎!!
■仕事車礼讃
■俺流アートの極意

南北約22km、周囲約203km。シンガポール島とほぼ同じ面積を有している兵庫県の淡路島は、大阪湾、播磨灘、紀伊水道に囲まれた島で、本州(兵庫県)側からは明石海峡大橋、四国(徳島県)側からは大鳴門橋が架けられている。古くからたまねぎや水稲、レタスなどの農業が盛んな地であり、特にたまねぎは「淡路島たまねぎ」として、地域団体商標登録されているブランド品。水産業では養殖漁業が中心で、ちりめんじゃこやイカナゴ、ワカメ、海苔などが知られている。

淡路島で生産される食材が豊富であるということは、自ずとトラックも多いということに直結する。デコトラの聖地としても名高い淡路島は、旧くから「神戸・淡路仕様」というアートのスタイルが確立されている。これは淡路島を代表するアートカンパニー「カネショウ」が生み出したものであるが、飾り自体は本州側の兵庫県で製作されたもの。それゆえに、カネショウのような飾り方が「神戸・淡路仕様」と呼ばれることになったのであろう。

観光地としても知られ、数多くの魅力があふれる淡路島。ご当地アートと呼ばれるものが減少している今日のデコトラ事情であるが、淡路島は別格。飾りの伝統が今なお息づく、そんな楽園で活躍するデコトラたちをご紹介しよう。

KIMG0188 KIMG0186 KIMG0187 KIMG0185 KIMG0184

ADVERTISEMENT

Tags

Related Articles

12 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Back to top button